歯について書いています

かなり気になる歯の話

歯の矯正

“私自身現在矯正治療中です。

また、友人でも矯正中の方は数人存在しております。

いずれも女性で、私自身目立ちにくいインビザラインで治療をしておりますが、まわりの子たちもインビザラインか、裏矯正をして目立ちにくいものを選択している傾向が強いようです。

また、10代後半から20代にかけて矯正治療を終えているお友達も多く、日本でも矯正治療が徐々に審美的な意味ばかりでなく、一般的なものとして捉えらえ初めているように感じています。

一方で、男性の意識はちょっと低いようにも感じております。

なぜなら、男性は治療もしないでそのまま、といったケースは30代、40代でも見受けられます。

体の不調にもつながるので、治療をすることを個人的にはオススメしたいですが、まだ男性の中では広く普及していないので、日本人の健康寿命も考えるともっと歯に意識を持っていってもいいのでは?と考えしてしまいます。

しかしながら、これからの子供たちにはやはり早い段階での治療を受けさせたい、というママさんも多く、私自身もそう考えているので、もっと多くの方が矯正をして日本人として世界に出ても恥ずかしくない男性(女性も)が増えるのでは、と期待しております。”

更年期な感じ

眼の不調です。以前はコンタクトレンズを装着してましたがいまはドライアイでコンタクトを装着できません。
眼鏡は必須です。めがねは以前もコンタクトと併用しておりましたが、やはりルックスを考えますと、コンタクトをしたいものです。 続きを読む

脳活性のために必要な睡眠

睡眠をとっている間の時間は、眠りの深いノンレム睡眠と、眠りの浅いレム睡眠を繰り返しています。
このノンレム睡眠の時間を取れていると、身体だけでなく脳までしっかり休養が取れているということになります。 続きを読む

コミュニケーションをとると脳活性がおこる

人と人が関わって、コミュニケーションをとることで脳は活性化されます。
逆に誰とも関わらないで引きこもっていると、脳が刺激されずに物忘れが酷くなったり、忘れっぽくなったりしてしまいます。 続きを読む

糖分と脳活性の関係

脳も人の臓器のひとつなので、当然食べ物の影響を受けます。脳の中にある神経伝達物質は、食欲や睡眠、記憶、学習、喜怒哀楽を司るもので、この神経伝達物質というのは、アミノ酸でできています。 続きを読む

脳の血流を増やすと脳が活性化する理由

人の体は、ほとんどの病気が血流が悪くなることで起こるものです。
脳の中でも血流が滞ると認知症や記憶力の低下が起こったりしてしまうので、血流を良くしておくことは大切なことなのです。脳の血流が良くなると、脳の細胞に必要な栄養素がちゃんと行き渡ることになるので、脳が活性化されます。 続きを読む

記憶力の低下がおこる原因

年齢を重ねるに連れて、人は記憶力が低下し、物忘れが激しくなっていってしまいます。
それは一体なぜなのでしょうか? 続きを読む

ピラセタムを服用するという方法

ピラセタムは、ヒトの脳に必要な栄養素を補うことで、知能、情報処理能力、集中力、記憶力、想像力を高めることをサポートするために作られたサプリメントです。 続きを読む

しりとりステップとは?

しりとりステップとは、認知症対策のために考案されたエクササイズのことをいいます。
運動しながら脳で考える事によって脳神経や脳細胞の発育や成長を助けてくれるタンパク質である脳由来神経栄養因子という物質を増やしていくことが出来るといわれています。 続きを読む

MICとは?

認知症の初期段階のことを軽度認知障害(MIC)といいます。
同じ話しを何度もしたり、昨日一昨日会った人のことは覚えていますが、「お久しぶりですね」と言ったり、同じものをたくさん買い込んだり、物忘れの延長のような、認知症とまではいかないけど、そうなりそうな症状がある人は認知症ではなく、MICと診断されます。 続きを読む